大阪のFABコワーキングスペース。3Dプリンターやレーザーカッター、UVプリンターが使える!大阪市営地下鉄「天満橋駅」3番出口から南へ150歩。

利用できる「レーザーカッター」の紹介

  • HOME »
  • 利用できる「レーザーカッター」の紹介

レーザーカッター(レーザー加工機)

yoyaku
レーザーカッターを体験された方たちの声を紹介いたします!

・スゴイッ!!(アキ さん)
想像以上の高度な精密な、加工ができるのに驚きました。説明もシンプルで分かりやすかったです。加工サンプルも即対応していただき、今後活用させてもらうのに非常に役立ちました。素直に『ありがとうございます!』

・ワクワクが止まらない(コウノアキラさん)
「思ってた以上の精度に驚きました。いろんな素材が扱えるのにも驚き!アレもコレもできるのか!という感じ。イチイチすごい!」

・おどろきでした (もじゃ さん)
「切るだけだと思っていたが、刻印などいろいろと使えるものだと思いました。
使い方はそんなに難しいものではないため、様々なものづくりをしたいと思えるものでした。」

・すごーい (つゆちゃん さん)
「以前からやってみたかったので、とても楽しく出来ました。知らない世界があり感動しました。」

aaa

コーボックスに設置しているレーザーカッターは米UNIVERSAL社のVLS6.60です。

vls660

VLS6.60はCO2レーザーという種類のレーザーカッターです。
紙やアクリル、ガラス等の加工ができます。
加工エリア : 813 x 457 mm
ロータリーフィクスチャーというオプションパーツを使うことで、ボトルやコップなどの曲面に加工することもできます。

加工できない材質:

金属:切断・彫刻ともできません。
ガラス:表面加工はできますが、切断はできません。
塩素化合物(塩化ビニルなど):加工すると、人体および機器に悪影響を及ぼす「塩素ガス」が発生するため、加工はお断りしています。

カット実績:

アクリル:10mm余裕
MDF:5mm余裕
材質によって、カットできる厚さは異なります

ソフトウェア:

コーボックスでは、CorelDraw X6を利用して、レーザーカッターを操作します。

加工用データ:

DXF,AI,SVGなど。
彫刻のみの加工の場合は、png,jpgも利用できます。

Illustratorの場合、極細(0.01pt)の赤(R:255 G:0 B:0)の輪郭がカットデータになります。
黒(R:0 G:0 B:0)の塗りつぶしが彫刻データになります。また、グラデーションも加工可能です。
レイヤー非表示は無効になります。不要なレイヤーは削除しておいてください。

png,jpgを利用して加工する場合は、300dpi以上の画像を準備してください。
解像度の低い画像の場合は、キレイな加工はできません。
データはUSBメモリーやSDカードに入れてお持ちください。
データ修正が必要な場合に備えて、データを作成したソフトウェアがインストールされたノートPCをお持ちいただいたほうが確実です。

注意点:

・SVGファイル
CorelDrawに読み込むとサイズが変わってしまいます。簡単に修正できますので、オリジナルサイズ(縦横サイズ)をメモしておいてください。
四角や丸などのオブジェクトは曲線に変換しておいてください。
フォントはアウトライン化しておいてください。

・AIファイル
CS4で保存してください。

レーザーカッターの利用:

ご予約は1時間単位です。
1時間未満のご利用は当日のみ受け付けております。

機器利用前および後に追加支払いなしでスペースにて作業ができます。

path65314
よくある質問
レーザーカッターについてのお問い合わせ

お問い合わせ TEL 06-6585-0064 電話受付 10:00~19:00(営業日)

メールでお問い合わせはこちら
  • お問い合わせ
  • facebook
  • twitter
Copyright © Co-Box All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.