大阪のFABコワーキングスペース。3Dプリンターや大型高性能レーザーカッター、UVプリンターが使える!大阪市営地下鉄「天満橋駅」3番出口から南へ150歩。

利用できる「3Dプリンター」の紹介

  • HOME »
  • 利用できる「3Dプリンター」の紹介

3Dプリンター
yoyaku
コーボックスに設置している3DプリンターはFlashforgeのDreamerです。
6176Wfu3tsL__SL1500_

プリントタイプ:デュアルヘッド(フィラメントレバー機能付き)
本体サイズ:485×400×335mm
照明:内蔵ブルーLED
フィラメント:内蔵型(2スプールまで)
使用フィラメント:ABS、PLA及び水溶性材料
プリント最大サイズ:230×145×150
対応データ形式:STLファイル、もしくはGコード
対応ファイル形式:STL、GCODE
精度:50ミクロン
ノズル径:0.4mm
プリント速度:40-150mm/s
ソフトウェア:FlashPrint
システム環境:Linux, OSX, and Windows
電源:AC100-240V, 50/60H

Amazonで見てみる
楽天で見てみる

yoyaku

Dreamerは精度50ミクロン。非常になめらかな造形が可能です。
Dreamerはデュアルヘッドを搭載しており、2色プリントが可能です。また、ABS,PLA,ポリスチレン,ポリビニルアルコールのフィラメントが使用できます。
コーボックスでは、このDreamerを2台設置しています。

■3Dプリンターで作った義手(マジックハンド)

■河井継手でパズルを作ってみた!

ソフトウェアおよびマニュアル:

3DCADソフトウェアのご紹介
3Dプリンターで印刷するためには、3Dモデルが必要です。3Dモデルは、3DCADや3DCGソフトで作成します。
または3Dモデルをダウンロードできるサイトもあります。

3DCADソフトウェア:
123D Design:わかりやすく、webや本などの情報も多い。初めての3DCADソフトとそしてオススメです。
Fusion360:多機能・本格的なソフト。123D Designで3DCADに慣れてから、Fusion360に移行するのがオススメ。

3DCADソフトでモデルを作ったら、STLファイルとしてエクスポートします。

Dreamerは、FlashPrintという専用ソフト(スライサー)を使用します。FlashPrintはSTLを読み込んでGコードを出力します。
メーカーサイトから、ソフトウェア、マニュアルをダウンロードできます。
FlashPrintでGコードを作成することで、予め、おおよそのプリント時間を把握できます。

Flashforge Japan

コーボックスでの3Dプリンター利用:

コーボックスで3Dプリンターを利用する方法は2種類あります。

1 コーボックスのフィラメントを使用する
スペース利用料(1,000/日)が必要です。
フィラメント利用料は500/時間です。
例(プリント時間2時間):スペース利用料(1,000)+フィラメント利用料(500*2)=2,000

2 フィラメントを購入(3,240〜)して使用する
スペース利用料(1,000/日)のみで利用できます。
トラブル防止のため、フィラメントの持ち込みはご遠慮ください。

ユーザーグループ:

Facebook上に、Flashforge Japanのユーザーグループがあります。このグループは、Dreamerに限らず、Flashforgeの3Dプリンターを使用している、または使用を検討しているユーザーの情報共有を目的としています。

3Dプリンター及びフィラメントの販売:

コーボックスでは、Flashforgeのプリンターおよびフィラメント等の販売をしています。
在庫のない商品については、Flashforge Japanからの直送となります。
コーボックスでFlashforgeのプリンターを購入された場合、特典があります。特典についてはコーボックスまでお問い合わせください。

yoyaku

よくある質問

お問い合わせ TEL 06-6585-0064 電話受付 10:00~19:00(営業日)

メールでお問い合わせはこちら
  • お問い合わせ
  • facebook
  • twitter
Copyright © Co-Box(運営:LCUBE株式会社) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.